FBCメンズクリニック
  • お問い合わせ
  • 料金表
HOME>用語集3

汗腺

汗腺は全身の皮膚に分布しています。大汗腺(アポクリン汗腺)と小汗腺(エクリン腺)の2種類に分類されます。汗腺は汗を分泌して老廃物などを排泄すると同時に、体温を一定に保つ作用があります。ただし、手や足のひらや、額、ワキの下などは、精神的な働きかけで発汗します。

アポクリン汗腺

わきがの原因となる汗腺。アポクリン腺から分泌される汗は脂肪やたんぱく質を多く含んでいるため、皮膚の表面で細菌に分解されると、わきが独特の嫌な臭いを発します。

エクリン汗腺

多汗症の原因となる汗腺。エクリン腺は全身に広く分布し、皮膚の表面に汗を分泌しています。エクリン腺が通常よりも多い場合、多汗症と呼びます。

剪除法

わきが・多汗症治療法のひとつ。匂いの程度が強く、汗の量も多い方向きの手術です。皮膚を3〜4センチ切開し、皮下組織内のアポクリン汗腺を目で確認し、これを取り除くという根本的な手術法です。

吸引法

わきが・多汗症の治療法のひとつ。ワキの下の皮膚を数ミリ切開し、そこからエクリン汗腺やアポクリン汗腺を吸引する方法で、匂いの程度が軽い場合や、傷を出来るだけつけたくない場合に適しています。

皮膚の生着も早く、傷跡もほとんど残らない点がメリットですが、デメリットは不確実なために再発の可能性がある点です。

多汗症

汗の分泌量が多い症状のこと。ワキをはじめ顔や手足に起こり、緊張しやすい人や太りやすい人に多くみられる症状です。エクリン腺という皮膚の表面に汗を分泌する汗腺が通常よりも多い場合に多汗症とよばれます。

超音波法

わきが・多汗症治療のひとつ。超音波を利用し、血管や神経を避けて汗腺のみを吸引する方法です。術後の血腫形成や皮膚壊死などの心配がなく、皮膚の生着も早い点がメリットですが、やけどと組織内水腫の合併症、熱が皮膚自体にダメージを与えるなどの点がデメリットです。

皮膚切除法

わきが・多汗症治療のひとつ。最も古くから行われている施術法で、ワキの下の臭いの原因となる有毛部の汗腺や皮脂腺、または毛根を皮膚ごと切り取るといった施術です。傷が大きくなることと、辺縁部に取り残しを発生してしまうなどの理由で、ほとんど行われていない方法です。

ボツリヌス菌

感染後8〜36時間の潜伏時間の後に、食中毒(吐き気、嘔吐など)、便秘などの症状を引き起こす菌で、特に倦怠感、脱力感、めまいといった症状を示すのが特徴です。

症状が進むと、意識はしっかりしているのに二重に物が見えたり、言葉が出にくくなり、時には、おしっこが出なくなったり、歩けなくなったりすることもあり、適切な治療を受けないと食中毒では死亡率が30%以上といわれる猛毒のボツリヌス毒素(神経毒)を作るからです。重症になると呼吸困難で死亡する場合があります。

ボトックス

1989年にFDA(米国食品医薬品局)で承認され、ボツリヌス菌が作るタンパク質を人体に無害なA型ボツリヌス毒素に精製した薬品で、筋肉に作用して筋肉の動きを弱めるという働きがあります。

ボトックス注射

わきが・多汗症治療のひとつ。一時的改善法として神経を麻痺させる効果をもつボトックスを注射し、腺の管を縮めて汗の分泌を抑制するという治療法。脇の下の皮膚全体に細かく注射をすると、2〜3日後で効果が現れ、約半年間、汗の量を抑えますが、持続した効果を希望する場合には通院が必要になります。

ローラーシェービング法

わきが・多汗症治療法のひとつ。汗腺を効率よく取るために考案された削除器を使用し、皮膚の裏側より汗腺を除去する方法です。現在でも行われている手術の一つですが、効果という点では剪除法(直視下摘除法)に劣ります。効率重視の場合に使用されます。

液臭症

「わきが」の医学的名称です。わきの下から分泌された汗や脂肪などが、皮膚表面やワキ毛にいる微生物などによって分解されることで発生します。

カニューレ

美容整形では、脂肪を吸引する際の吸引管のことをいいます。脂肪を吸引する場所に2〜3ミリの穴を開けて使用され、外傷が残りにくいという特徴があります。わきが手術においては、アポクリン汗腺を吸引するのにカニューレを使用します。一般には気道切開時に気管支をつなぐ器具のことをいいます。

局所麻酔

主に注射での麻酔のことを呼び、施術する際にその範囲が狭いとき、患部の感覚だけを麻痺させます。

デオドラント

「制汗剤」の別名。主にわきがなどの消臭剤として用いられます。

制汗剤

「デオドラント」の別名。主にわきがなどの消臭剤として用いられます。

皮脂腺

アポクリン腺と同様に、毛穴と直結しています。皮脂と呼ばれる脂肪分を分泌し、この皮脂の中に数種類の脂肪酸が含まれています。

このページの上まで戻る

ホーム | クリニック・院長紹介 | アクセス | クリニックコンセプト | Q&A | サイトマップ | 包茎手術 料金表
お問い合わせ | 利用上の注意 | プライバシーポリシー | 用語集 | 用語集2 | 用語集3 | 用語集4