FBCメンズクリニック
  • お問い合わせ
  • 料金表
HOME>包茎の種類

包茎の種類

包茎の種類には皮の出口の締め付け具合によって3種類に分けることができます。「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」です。

このうち、最も多い包茎のタイプは「仮性包茎」です。
仮性包茎とは、普段は亀頭が皮で覆われていますが、勃起時には亀頭が露出する包茎のタイプです。
セックスは正常に行えますが、普段から亀頭が露出していないため、亀頭が刺激に弱く、そのため早漏になりがちです。
同時に亀頭粘膜が弱く、包茎ではない人に比べると性感性症(性病)に感染する可能性が高くなるようです(統計では数倍となっています)。また、亀頭が皮に覆われているため、大変不潔になりやすく、様々な病原菌を繁殖させる原因となります。

包茎の種類のうち2つ目は、「真性包茎」です。
真性包茎は普段も勃起時も亀頭が露出しません。常に皮がかぶったままです。包皮口が異常に狭いもしくは亀頭と包皮がくっついてしまっている状態を指します。
放置しておくと亀頭炎や包皮炎が持続的な症状に起こってしまう可能性があります。また、亀頭と包皮の癒着が起こる場合もあります。
正常なセックスも行えないため早期の治療が必要です。真性包茎の治療は手術しかありません。

最後に紹介する包茎の種類は「カントン包茎」です。
カントン包茎は普段は亀頭を露出することができますが、勃起時に露出しようとすると痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられるような違和感を伴う場合のことを指します。軽度の場合はこれらの自覚症状がなく、微妙に狭い部分が亀頭のくびれに引っかかり亀頭が露出する場合もあり、この場合には常に亀頭が露出しているため、自分は包茎ではないと思っている人も多くいます。
セックスの時、皮膚が切れやすい方はその可能性があります。悪くすると亀頭がうっ血状態になり、重大な事態を招きます。締め付け感がかなりきつい場合には、無理に剥いてしまって包皮が戻らなくなり、亀頭下の皮膚の部分に水が溜まったように腫れることがあります。その状態が続くと亀頭がうっ血して壊死してしまうこともありますので、早期の手術による対応が必要となります。

日本人の80%が上記いずれかの包茎に当てはまると言われていますが、「仮性包茎」も「真性包茎」も「カントン包茎」も、完全に治す方法は手術しかありません。正常で清潔なセックスを行うためにも、上に挙げた包茎の種類のいずれかに当てはまる方は、早期に手術をすることが必要でしょう。

このページの上まで戻る

ホーム | クリニック・院長紹介 | アクセス | クリニックコンセプト | Q&A | サイトマップ | 包茎手術 料金表
お問い合わせ | 利用上の注意 | プライバシーポリシー 用語集 | 用語集2 | 用語集3 | 用語集4