• お問い合わせ
  • 料金表

FBCメンズクリニック
HOME>治療法

治療法

治療法の種類

吸引法や超音波法など通院不要な30分程度の治療方法では治りません。現在多くの医療機関で、ワキガや多汗症の治療を行っており、いくつかの治療方法があります。

術式 手術時間 通院 効果 キズ 総合評価
吸引法 約30分 なし 20〜40% 約2mm ×
そうは法 約40分 なし 40〜50% 約1cm
超音波法 約30分 なし 40〜60% 5〜10mm
イナバ式皮下組織削除法 約1時間 あり 60〜80% 約3cm
剪除法 約1時間 あり 70〜80% 5〜7cm
FBC式トリートメント法 約1〜2時間 あり 100% 3〜5cm
吸引法

痩せる為の手術として有名な「脂肪吸引」と同じ機械、同じ方法で、原因となる組織を吸い出す方法。
吸い出すだけでは、当然取りきれるわけもなく、治療効果はワキガに対しては最大約40%程度、多汗症においてはほとんど変わりません。

そうは法

皮膚の裏側を特殊な「鋭匙」で、かき出す方法。あまり強くかき出すと皮下組織のダメージが強くなるため、確実には取りきれない。
効果はワキガに対し最大50%程度、多汗症は最大20%程度です。

超音波法

吸引法の際に使用する管の先端から「超音波」が発生し、汗腺組織を破壊、乳化させることで、汗腺組織を取りやすくした方法です。この方法は、出血も少なく吸引法より効果は期待できますが、あまり長いこと超音波を当てていると、皮膚に火傷を起こす為、長時間の治療ができません。
ワキガに対しては最大60%程度の効果しか期待できない為、不満が残りやすいと言えます。多汗症については治療効果をあまり期待できません。

イナバ式皮下組織削除法

故稲葉博士が開発した「皮下組織削除器」を使用し、皮膚の裏側の原因組織を削り取る方法。故稲葉博士はこの治療方法を確立したことで、日本医師会より「最高優功賞」を受賞するほど、確実性の高い治療方法です。

剪除法

皮膚を5センチ前後切開し、皮膚の裏側を直接目で見て取り除く方法。この方法は、ワキガ治療の中では、イナバ式皮下組織削除法と並び、高い確率でワキガを退治します。

FBC式剪除法
このページの上まで戻る

ホーム | クリニック・院長紹介 | アクセス | クリニックコンセプト | Q&A | サイトマップ | 包茎手術 料金表
お問い合わせ | 利用上の注意 | プライバシーポリシー 用語集 | 用語集2 | 用語集3 | 用語集4