2006-3-10 Fri メディカルエステとは

現在、形成外科や美容形成外科、皮膚科の医療分野ではインディバCET、レーザーやフォトフェイシャルなど技術導入が急速化しています。

ニキビ、シミ(肝斑、炎症性色素斑や術後のリハビリなど)、シワ、肥満やその他トラブル等を対象にした既存のエステ技法で、どれほど結果が出せるでしょう?

スキン・トラブルに手技、基礎化粧品、一般美容機器等による通常のエステティック的なケアで満足感が得られているでしょうか。

医療専門分野の治療法の進歩やメディカル・エステ併設のクリニックが拡大しています。

女性の美に対する意識の向上や現状の経済・社会情勢からしても、技術改革の導入したクリニックで確実に効果を得ることをおすすめします。

その後の長い人生を考えた際、自身の肌・健康の保持・管理を望むのは当然の事といえます。

日常のケアの重要性だけを考えても老若層に総合的なビューティ・ケアが求められている今、目にみえるトラブル解消だけを対象にした施術はだけでなく、まさに「体質改善からの美」を基礎に「予防美容」はますます重要視されてきます。