2006-1-15 Sun メソセラピーの作用

メソセラピーの作用は以下の通りです。

1) メソセラピー(脂肪溶解)は脂肪溶解剤を注入することで、

①脂肪吸収内部シグナルの妨げ、

②脂肪部分の除去、

③脂肪放出の誘発、

④血液循環の改善、

⑤エネルギーの燃焼などが促進され、注入部位への引き締めが期待できます。

2) さらにセルライト(脂肪の繊維組織)の生成要素である結合組織の衰えと固い結合組織を、

④血行循環の改善、

⑥結合組織の強化、

⑦固くなっている結合組織の除去、

⑧リンパ廃液の向上、

⑨過剰脂肪の分解、といった効果によりセルライト(脂肪の繊維組織)除去と減少を促進させます。