FBCメンズクリニック
  • お問い合わせ
  • 料金表
HOME>用語集4

アスコルピン酸

アスコルピン酸とは、水溶性のビタミンCのこと。抗酸化作用が主。アンチエイジング(しみ・しわ)として塗り薬や化粧品に配合されている。ニキビには非常に有効。皮脂の酸化を抑え、炎症を抑える。最近では脂分でうまく囲まれた構造を持つ脂溶性のものも販売され、刺激作用がなく皮膚への親和性も高いと言われている。

アプトス

アプトスとは、返しのついた糸を皮下に挿入し、それに対してコラーゲンなどの皮下組織、皮下脂肪などが増えることから、老化によるたるみを矯正する方法。現在では、金の糸とともに溶解する糸をいっしょに挿入してさらに効果を高めるのが主流。

アンチエイジング

アンチエイジングとは、日本語で表現すると、「抗老化」あるいは、「抗加齢化」となる。加齢による心身の衰えに対抗して、いつまでも若さを保っていこうという意味である。美容整形におけるアンチエイジングは、加齢による身体の衰え(しみ、しわ、たるみなど)を治療(手術)によって改善させることをいう。

イオン導入

イオン導入とは、微弱な電流をイオン化して、肌に流すこと。普段のスキンケアでは吸収されにくく、肌に有効なビタミンCなどの成分を、皮膚の深い部分にまで浸透させ、シミやシワを改善させることができる。また、保湿作用を高めるために、コラーゲンやヒアルロン酸の浸透にも使用される。

イタリアンリフト

イタリアンリフトとは、針と糸だけで行われ、メスを使わず、シワ、タルミに効果的な顔美容施術の一種。8〜12ヶ月で吸収されるアプスト糸を皮下に埋め込むことで、顔や首などをリフトアップさせる。アレルギーの心配がなく、4〜5年ほど効果が持続する。

エラスチン

エラスチンとは、コラーゲンと同様に皮膚の結合組織に存在する繊維状のたんぱく質。真皮にあってコラーゲンを束ね、バネのように支えて皮膚の弾力とハリを保つ働きをしている。したがってエラスチンが不足するとコラーゲンがバラバラになり、たるみやシミが目立つようになる。

オリエンタルリフト

オリエンタルリフトとは、針と糸だけで行われ、メスを使わず、シワ、タルミに効果的な顔美容施術の一種。肌の若返りを促す効果があるが、アプトス糸にあわせ、金の糸を使用するために高額になる。

活性酸素

活性酸素とは、体内に送られた酸素の一部が化学変化により、活性酸素となる。この活性酸素は適量ならば、細菌やウイルスの撃退作用があり、体によい働きをするが、紫外線やストレスなど、何らかの原因で大量発生すると、体内の正常な細胞を傷つけてしまう。

すなわち活性酸素による体内の酸化が原因でシミ・シワなどの老化現象や様々な病気を引きおこしてしまうのである。

顔面神経

顔面神経とは、脳神経の一種。脳から直接でている神経である脳神経のうち、7番目の神経が顔面神経。

あらゆる顔の表情を作る「表情筋」と呼ばれる筋肉は、顔面神経という一本の神経によって調節されている。また、副交感神経も顔面神経が司っている。

金の糸

金の糸とは、古代エジプトのクレオパトラの墓で金の糸が見つかり、クレオパトラの若さの秘訣とされている。

金の糸の直径は0.1mmで、24Kの金を使用している。皮下の真下層に金の糸を挿入して、金の糸のまわりにコラーゲンが集まることにより新しい毛細血管が生まれ、肌細胞が再生することを利用して、たるみなどの肌の老化を改善。

クールタッチレーザー

クールタッチレーザーとは、レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射して、皮膚表面に熱のダメージを与えることを防ぐように設計されたレーザー機器。真皮に直接働きかけることで、新しいコラーゲンの産出を促し、小じわや肌の質を改善することができる。

ゴールデンリフト

ゴールデンリフトとは、針と糸だけで行われ、メスを使わず、シワ、タルミに効果的な顔美容施術の一種。純金を真皮内に埋め込むことでコラーゲンの働きや血管の再生を促進する。手術は40分ほどで終わり、効果は8〜10年ほど持続するといわれるが、金を使用するため高額。

サーマクール

サーマクールとは、アメリカで開発された医療機器。高周波を照射し、皮膚表面には影響を与えずに肌の深部に強い熱エネルギーを到達させることができる。この熱で皮膚を収縮させることから肌が引き締まる。

また、熱による炎症を治そうと、体内でコラーゲンの産生が促されるので、しわやたるみが改善される。

スプリングアプトス

スプリングアプトスとは、針と糸だけで行われ、メスを使わず、シワ、タルミに効果的な顔美容施術の一種。コイル状の特殊な糸でたるんだ脂肪組織を吊り上げ、タルミやシワを改善する。施術時間は40分ほどで、効果は個人差があるものの8〜12年ほど持続する。

トレイチノン

トレイチノンとは、ビタミンAの活性をもつ物質で、その生理活性はビタミンAの約300倍といわれている。皮膚に潤いをもたせ、コラーゲンの再生を促進させるので、傷の治りを早くする。肌に使用することによってホワイトニング化粧品では効果がなかったシミにも有効であるとされる。

にきび

にきびとは、色々な原因で発症する、炎症をともなった発疹のこと。顔、胸、背中に多く見られる。皮脂を分泌する毛穴が詰まることで起こる。

ヒトコラーゲン

ヒトコラーゲンとは、皮膚のハリを保つ働きをするコラーゲンを注射器で注入する。アレルギーテストが不要でのうえ持続時間が約1年間と長く、小シワ解消に効果的で、治療時間が短い。

ピーリング

ピーリングとは、表皮に残っている古い角質を削り落として、肌質を改善すること。以前は皮膚の老化した角質などを物理的に擦りとるものが主流だったが、最近はフルーツ酸などで溶かし、再生させる新しい美顔技術が主流。ニキビあと、しみやしわが取れる。

フェイスリフト

フェイスリフトとは、顔の皮膚のたるみやシワを手術で取り除くこと。手術では、傷が目立たないように、頭部の毛髪の中などを切開して、余分な皮膚のたるみを筋膜ごと引き上げる。部分的に行うミニリフトや内視鏡によるリフト、レーザーによるリフトなど、さまざまな方法がある。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは、表皮に残っている古い角質を削り落として、肌質を改善すること。以前は皮膚の老化した角質などを物理的に擦りとるものが主流だったが、最近はフルーツ酸などで溶かし、再生させる新しい美顔技術が主流。ニキビあと、しみやしわが取れる。

フレンチリフト

フレンチリフトとは、針と糸だけで行われ、メスを使わず、シワ、タルミに効果的な顔美容施術の一種。コラーゲンの再生とリフティング効果がある。施術には40分ほどかかり、効果は個人差があるものの2週間ごろから現れ、10年ほど持続する。

ブローリフト

ブローリフトとは、眉毛の上部を切開し、まぶたを引き上げることでたるみを改善する施術。手術には30分ほどを要し、術後しばらく腫れることもあるためアフターケアが必要とされる。

ほうれい線

ほうれい線とは、小鼻から口元にかけてできるしわのことで「鼻唇溝」ともいう。ヒアルロン酸やヒューマンコラーゲンの注入で消すことができる。頬がたるんだ重みによってできるので、お肌にハリと弾力を持たせ、ほうれい線が目立つのを防ぐことが防止の一策。

ポニーテールリフト

ポニーテールリフトとは、針と糸だけで行われ、メスを使わず、シワ、タルミに効果的な顔美容施術の一種。ポニーテールをしたときのように、頬から目元にかけてのたるみを引き上げる。

ポラリス

ポラリスとは、コラーゲンの生成をうながし、シワやタルミに効果的な治療器。即効性があり、施術の痛みが少なく、ダウンタイムもないことが特徴。

レーザー治療

レーザー治療とは、シミ、あざ、ほくろなどを除去するために、レーザー治療が行われる。皮膚のメラニン色素のみに反応するので、まわりの組織を傷つけないで、除去することができる。治療に使われるレーザー機器の種類は様々であり、若返りのためのレーザーも数多い。

レスチレン

レスチレンとは、ヒアルロン酸を主な成分とする最新のしわ取り剤。浸透する真皮層に応じて、ヒアルロン酸の分子の大きさを操作。

分子の一番小さいレスチレンファインラインは真皮浅層までのごく表面的な小ジワに、それよりやや深い、真皮中層までのシワの場合はレスチレン、さらに深い真皮層深部に達する本格的なシワの場合はパーレーンといった選択ができる。

ロシアンリフト

ロシアンリフトとは、針と糸だけで行われ、メスを使わず、シワ、タルミに効果的な顔美容施術の一種。専用の、毛羽立った手術糸を顔の数箇所に通しリフトアップを実現する。

AHA【エーエイチエー】

AHAとは、アルファヒドロキシン酸のこと。ケミカルピーリングなどで用いられる酸の一種。果実類から抽出されることが多いため、フルーツ酸とも呼ばれる。美白効果があり、肌表面の古い皮膚細胞を取り除いて、新陳代謝を高める働きをする。

IPL

IPLとは、レーザーと異なり、広範囲の波長の光を照射し、肌のくすみや薄いシミ、張りを改善する治療器。光そのものはレーザーより弱く、その分、効果も限定的だが、皮膚に大きなダメージを与えないメリットがある。フォトフェイシャルが代表的。

このページの上まで戻る

ホーム | クリニック・院長紹介 | アクセス | クリニックコンセプト | Q&A | サイトマップ | 包茎手術 料金表
お問い合わせ | 利用上の注意 | プライバシーポリシー | 用語集 | 用語集2 | 用語集3 | 用語集4